読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

明日の競技に役立たない無駄スキル

練習会のために札合わせをしていました。

札合わせというのは、その場で対戦している全員の出札が同じになるように、予め50枚の札を全部同じ内容に組んでおく事です。出札が同じなので、全員同じ進行をしていきます。そうすると、対戦時間の短縮になるというワケです。一般的に大会などでは札合わせがしてあるので、そういう事に慣れるというのもまぁ有りかなと思ったりする私であります。まぁ、お手つきとかも分かりやすいですしね(笑)
それに何より、練習会の会場を借りられる時間枠には限りがありますから、スムーズに進行するに越したことはありません。

というワケで、チマチマとそんな作業したりしてますが、ぶっちゃけこういう事するのが楽しくてしょうがない人間なので、有れば有るだけ札を分けてしまいたいと思うくらいです。

札合わせする時は、組み合わせを毎回考えるはさすがに面倒です。だから一応、歌の番号で分けたりしています。下一桁何番と何番と何番と何番と何番、とかそんな感じで。
色々な組み合わせを表にして作っているので、その中から適当に「今回はこの組み合わせにしよう♪」という風にして札を合わせています。


が、決まり字かるたには歌番号書いてありません。

書いてないんですけどね。
気付いたら別に見なくても分けていたので特に問題はありませんでした。問題はない・・・んですけどね・・・分けながら思わず自分で


キモッ!


とツッコミいれてしまったという。
歌の番号を覚えていても競技には何の役にも立たないので、大変ものすごく意味のないスキルだよなこれ(白目)


・・・いいんです。
百人一首そのものが好きなんだから、本望だッ!(キリッ☆

次の練習会では、ぜひ、当会会員たちには「キモいレベルでこの札分けたんだ・・・」と軽くドン引きしたりしながら取ってもらいたいと思います(笑)