読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

お手つき☆バリエーション

お手つきには、色々な種類がありますよね。

例えば単発のお手つき。
空札で自陣もしくは敵陣にお手つき。相手から1枚送られる(片お手)

あるいは複合的なお手つき。
出札が敵陣にあるのに自陣にお手つき。相手が1枚取って減った上に1枚送られる(セミダブ)
もしくは出札が自陣なのに敵陣にお手つき。相手に自陣を抜かれた分とお手つきをした分の合計2枚が送られてくる(ダブ)

あとは変則的なお手つき。
相手と自分が一緒にお手つき。プラマイゼロで送りはない(共お手)
敵陣を取ったのに自陣も触ってしまったため送る権利がなくなったor自陣を取ったけど敵陣も触ったので1枚送られる(取り損)

そして最大級なのが、空札なのに敵陣と自陣どちらにも触ってしまったので2枚送られる(空ダブ)

 

まぁ、どれもやりたくないものです。
しかしやってしまう時はとことんやってしまうものでございまして・・・

 

 

取り損と空ダブ以外は

だいたいやった(白目)

 

7枚差での負けでした。はい。
「お手しなければ・・・」なんて言葉が出そうですが、勝負の後に「たら」も「れば」も無いものです。聞き間違ったりなんかでお手したのはいいんですけどね、暗記が十分でない形のお手など(札の位置が変わったのに前の場所に手がいってしまう)のはよろしくないなぁ。

 

「暗記をしっかりしなさい。動いた札は特に」
と、いつもみんなにも言ってる言葉がものすごいブーメランだった、あさくらとの練習でありました(笑)