読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

時には試合の話を

競技かるた

というワケで、まぁ先月の話になるんですが。

「あんまり試合ができない」とは言いましたが「全然試合しない」とは言ってない私(笑)、会の子の練習相手くらいは時々やってるのであります。

競技かるた練習風景暗記中。

花のセブンティーン・あさくらちゃんとの個人練習にて。

若い子というのは勢いがあるからコワイ。
コワイもの知らずだから尚更コワイ(しつこい)

それでも可能な限り全力で対戦に臨むのが相手に対する礼儀というものなので、私も頑張らなければならない、というより「絶対に負けられない戦いがそこにある」的なナントカカントカ。「勝つ」じゃなくて「負けない」という強いハートで戦うことが、自分にとっていちばん大事なことでした。

それに何より、私にとっては貴重な1試合です。せっかくやるのだから、気を抜いた試合なんてしてはいけないのです。

 

よく「心・技・体」と申しますが、現状「体」の部分については良いパフォーマンスが出来ると言えない状態ですから、今の私にとっては残りの「心・技」を最大限に活用するしかありません。とはいえ、それほど豊富な「技」を持ってるわけじゃないし、かといって「心」が強いとも言えないですが、今の自分に出来ることをただ出すのみです。

 

試合展開はというと、あさくらちゃんがやや先行気味に試合が進みました。

というよりも、私のお手つきが多すぎて何をどうやってもあさくらちゃんが優勢という状況だったというのが描写として正しいとは思いますが(いわゆる、取っても取っても減らない現象)

何よりダブが多かった。少なくとも3回はやったと思います←
それでもガンガン敵陣に突っ込んでは取り、突っ込んではお手つきし、また突っ込んでは取ってました。元々敵陣突っ込み型ですから、お手つきをしようがダブになろうがそこで怯んでは私らしい取りと言えません。

 

た札が3枚場にあり、最初あさくらの陣に「たご」が1枚と残り2枚は私の陣でした。この時はあさくらの陣にあった「たご」を積極的に狙っていたので空札でも「た」で突っ込んでいた所、途中で彼女はそれを嫌ったのか「たご」をこちらに送ってきました。

そんな彼女から「ちょっと弱気?」ということが感じたので、(正直言えばこちらが劣勢だったのですが)特に後半戦は敵陣を狙う姿勢は崩さず1枚1枚丁寧に心がけていた所、終盤戦にさしかかった頃に何とあさくらが「よも」で私の陣「よのなかよ」・あさくらの陣「よを」への空ダブ(祝・人生初!)をやらかしてしまう。

こういうあたりで試合の流れって変わっちゃうもの。このあたりからジワッと追いつきました。が、しかしやっぱりこの日はイージーなお手つきが多かった私、場に数枚しか無い状況でやらかしてしまい再び劣勢に。

「あーもうーーーーー」と思いかけるけれど、ここで諦めたら試合終了だよ(by安西監督)まだまだ十分戦えるはずだから絶対逆転する!と強く気持ちを持って取り続け、最終的には2-1の場面からついに1-1に。こうなるとどっちが出るか勝負ですが、最近の私はこんな時

 

絶対自陣が

出るもんね!

 

と根拠の無い自信を持って臨んでます。
時折自信が持てず気持ち的にムズムズしてる時は大抵敵陣が出ます。敵陣が出たからそういう気がするだけなのかもしれないしそうでないのかもしれませんが、何となくそんな気がするので、ここで何の根拠もなくても強気で臨むことは大事なんじゃないかなと思います(結果出なかったとしても、です)

で、気持ちのおかげかはたまた50%の確率が当たったのか、無事自陣が出てキッチリ押さえて試合終了。○1。

 

精神論じゃないけど、まぁそういう気持ちを持って臨むことは大事なんだよ!という事が言いたかったワケですが・・・ギリギリ1枚差でドヤ顔で言えることでもないような気はしなくもなかったり(白目)それでも何かソレ的なものを感じてくれていたら良いなぁなんて思ったりもした私であります。

 

そう遠くない先にはもうそんな事言える実力じゃなくなってて、むしろ練習させて頂く側になるでしょうけど、今しばらくはこうしてちょうどよい練習になるようにしてあげたいと思いますし、もっと上になっていっても(今いる上の子に対してもですが)練習相手が務められる程度に私自身も鍛錬していかなきゃなぁと思います。

 

☆おまけ☆

試合後の枚数確認(場に使った枚数50枚がちゃんとあるか数える作業)をしてたら・・・

かるたの札の枚数を数えたら

取りすぎ注意(苦笑)

※25-25で対戦してるので、単純計算すれば勝った方は25枚取ったことになる。しかし取った枚数が26枚以上あるってことはそれだけお手つきしたという証。相手もお手つきするからプラマイゼロになりそうなものだけど、それを上回るお手つきをやらかしてるとこういうことになる。取った枚数が30枚以上だったという人の話も時折聞く(笑)