読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

熊本大分復興支援シャリテ大会in酒田・その2

競技かるた かるた大会

酒田大会、一回戦が始まりました。
各級出場者は以下の通り。

C級 ちはや(対戦)
C級 ドラオ ○不
D級 あさくら(対戦)
E級 リリィ(対戦)
E級 オレンジ(対戦)
E級 さくら(対戦)
F級 ひーちゃん(対戦)

見る所多すぎィ!(笑)
配置的には、ちはや・リリィ・オレンジの3人が手前やや近く、ひーちゃんは後ろのほうだけど真ん中あたり、ドラオ・あさくら・さくらの3人は端の方という3箇所に分かれた感じでした。

☆☆☆☆☆

まず、初めての大会の場で立ち上がりから緊張しちゃってたのは、さくらちゃん。傍で見ていても緊張して動きがかたいのがわかります。あぁ、どう見てもいつもの調子じゃないわ。

そんな姿に、ふと、初めて全国大会に出た時の自分の姿を思い出した私。

忘れもしない2012年4月の米沢大会。
ガチガチに緊張していて、中盤に入っても1枚も取れないまま。
ようやく大山札を拾ったり、何とか反応した札を取ったりはしましたが、いつも練習では払っているのに1枚たりとも払えない。ベタッと押さえ手で取るのがやっとだった当時の私。
結局マトモになにも出来ないまま、抵抗すらできずに18枚差で負けたというホロ苦デビューでした。

が、目の前にいる小学生のさくらちゃんは、それこそ相手がもう1枚になってしまっていて、自陣は18枚とかそのくらいある状態だけど頑張っている。粘る。まだ粘る。相手の最後の1枚、動くことのないまま粘る。自陣が読まれ、懸命に取る。払う。あの頃の私とは比べ物にならないほど、しっかり払って取ってる。
気がつくと6枚くらいは差を詰めていました。なんかもうその姿に涙出そうになりながら見ていたんですが、1枚も取られないというのはさすがに難しかった。さくらちゃん敗退。

それでも、当時の自分だったらあの時点でサクッと終わっていたことを考えれば、こんなに小さい子がこんなに根性出して頑張ったということに感動しました。さくらちゃん、よく頑張った!

☆☆☆☆☆

大会前から気合が入っているということを感じていたちはやちゃん。私的にもぜひ今回は!と思っていたし、本人も今回こそ!と思っていたと思われる、その今回だったのですが、一回戦から知り合いと当たってしまう。
まぁ知り合いだからって気後れするタイプでもないとは思うんですが、少し足りない部分があるように感じました。残念ながら、ちはやちゃんもここで敗退。

実を言うと、何だかんだでまぁ大丈夫だろう!と安心してて他の試合見に行ってることが多く、細かい試合内容のチェックが出来てなかったのです(ゴメンね・・・)
相手の子は知ってる子なので、何がどう良かった・悪かったというのは戦った本人が一番分かっているとは思います。
ちなみにここで戦った子とその後に続きがあるとは、この時はまだ考えていませんでした。

でも、彼女にとっての「B級」はそんな遠くにはないはず。
次に出る時はきっと、モノに出来ると信じています!ちはやちゃん、よく頑張った!!

☆☆☆☆☆

えびせんべいの靴下でこの日の活動を開始したのは、オレンジちゃん。
彼女もさくらちゃん同様、全国大会はデビュー戦になります。
ですが、ちはやちゃんと同じく位置的な関係もあり、試合内容を詳しく把握できず(ホントゴメンね・・・)序盤出足が遅いように見えた?けど、見に来たら先行してる?という感じになり、その次見に来たら、あれ?危なげなく勝ちそう?となっていて、そしてそのまま勝っていました。

淡々と取ってる様子なので、案外緊張してないのかも?と思ったら


ですよねー(笑)

☆☆☆☆☆

他の人も勝ち上がり、一回戦は以下の通りでした。

C級 ちはや×
C級 ドラオ ○不
D級 あさくら○
E級 リリィ○
E級 オレンジ○
E級 さくら×
F級 ひーちゃん○

☆☆☆☆☆

その後、二回戦。
ドラオ氏は、ちはやちゃんのように、やっぱり知り合い同士。
しかも多分勝ったことがない相手との対戦。
いつも負けてる相手だと、つい戦う前から気持ちが負けてたりするものです。でも、もう一段強くなるには、そういうプレッシャーをはねのけて行かなければなりません。なので、ここを超えられるかどうかにかかってくるなと思っていましたが、そんな心配をよそに、本人は気合十分。本番の場で見事勝ちを収めました。

あさくらちゃんは一回戦の相手がなかなか強く、実はギリギリ4枚差での勝ち上がりだったので二回戦大丈夫かなと少し心配しましたが、安定した内容で、心配する必要はあまりありませんでした。ここもしっかりと勝ち上がり。

リリィちゃんは「当たりたくない」と言ってた相手に当たってしまいました。
実はその相手、9月の県大会で対戦した時に17枚差とボロ負けした相手だったのです。そういう相手と向き合った時に気持ちが萎えないかがとにかく心配。ドラオ氏と同様、ここでそういう気持ちを乗り越えられるかが重要です。
序盤から先行された状態だったのでその心配は強まったのですが、根性出して頑張っているリリィちゃん。ギリギリまで諦めず、ついには運命戦にまで突入。あぁもう見てらんない、というくらい心臓バクバクで見てたんですが、運命戦で見事勝利!!
これでトラウマも払拭したのではないでしょうか。

序盤から厳しかったのは、オレンジちゃん。
相手は酒田の方。
見てる限り、早さ的にちょっとずつ間に合ってない。相手の方が少し実力は上かなと感じました。しかし劣勢でも慌てることなく頑張っているのは伝わってきました。
残念ながらここで敗退してしまいましたが、今後の良い経験になったと思います。よく頑張った、オレンジちゃん!!

何気に安定の戦いをしていたのは、ひーちゃん。
20枚差という大差で勝ち上がり。貫禄を見せつけましt・・・いやこれF級だから!貫禄とかあるF級いないはずだから!!しかし、勝ち上がるごとに頼もしさを感じる気がしました。この調子で突っ走って欲しい!

というワケで、二回戦。

C級 ドラオ ○
D級 あさくら○
E級 リリィ○
E級 オレンジ×
F級 ひーちゃん○

ドラオ・あさくら・リリィ・ひーちゃんの4人が三回戦進出。

E・F級はブロック内人数が少ないため、次の三回戦目が準決勝ということになります。
そしてブロック分けによりD級次の三回戦目がいわゆる昇段戦ということになります。
が、そういうことを意識するとかえってダメだったりもするので、特にそういう余計な事は伝えずに、とにかく目の前の試合のことだけを考えてもらうことにして、あえて何も言わず試合に向かってもらいました。


運命戦ギリギリだったため次の試合までの休憩がまったくなかったリリィちゃん。

そして回戦を追うごとに勇ましくなっていく、ひーちゃん。


彼女たちの準決勝はどうなるのか・・・!?
そして、本人は知らないけど実は昇段戦に臨むあさくら・ベスト8をかけて戦うドラオの運命は!?


次回に続く!(笑)