読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

こぶしで語り合う

今日から竿燈まつりが始まりました。
夏も折り返しですね(´ω`)


先日来てくれたまにまちゃんとは、ある意味で「かるた同期」?です。
全国大会を通じて知り合った私達ですが、直接対決したことはありません。
↓隣同士だったことならあるんですけどね(笑)

自陣上段を払ってる黒いの着てるショートカットの人が私で、隣の白いシャツがまにま氏。それにしても、この頃の亮さんの左手の置き方は可笑しいですね。何だこりゃ(苦笑)

そんな感じで、色々とご縁あって親しくさせて頂いているワケでございまして、長期休みに都合が合うと遊びに来てくれたりするのです。今回は総文からの勢いそのままに(若いっていいなぁ)、秋田市まで訪ねて来てくれたのでした。本当に嬉しいことです(´∀`*)


というワケで、遠くから来てくれた事だし、私も久々に楽しませて頂くことにしたのでありました。

三分の百首A、とりあえずハンデ無しの10-10での対戦。
一発目「なつ」から出だし好調だった亮さん、連取して先行。しかし中盤になり、まにま氏が挽回し始めた所で亮さん痛恨のダブ、からの・・・


ドヤ顔でお手(笑)


なーに自ら試合面白くしてんだお前はwww
ここでまにま氏が優勢に。
終盤を迎えるが、敵陣は固くなかなか抜けない。
ついに4-1と追い込まれた亮さんですが、ここで折れるワケにはまいりません。根性で挽回し、何とか1-1にもつれ込む。

敵陣「しら(し決まり)」、自陣「いに(い決まり)」を持っての運命戦。
「さ」「す」「せ」「しの」は全部詠まれてるので息の音がしたらもう「しら」に突っ込もうかと思ったけど、何となく「いに」が出るんじゃないかと思ったので自陣が出ると信じることにした所、無事「いに」が詠まれ、自陣を押さえて○1。

お互いに攻めたり守ったりしながら、最後の一枚までガッツリと堪能。


戦いを通して

分かり合う的な。


おかげで今回も充実した楽しい練習会となりました。
遠路はるばる来てくれて本当にありがとう、まにまちゃん!

また次の機会まで、お互いに精進していきましょ〜(*´ω`*)