読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

昇級戦

当会は、会員全員に級というものがついています。


級に差がある人との対戦はハンデを設ける方式となっていて、1級差なら1枚差・2級差なら2枚差のハンデにします(対戦組み合わせを決めた際にハンデを言い渡している)かつ、特定の級までは決まり字かるた、ある級を超えたら標準取札で取るという掟がございます。つまり、級が上がらなければ標準取札で取らせてもらえないという仕組みなワケです(標準取札で取りたかったら頑張って昇級しなければならない)

級が上がる条件は、決まり字かるた層の人は「その日の練習会で勝ち越しをすること」ですが、大体4試合か5試合をするので、最低3勝以上が必要です。
決まり字卒業がかかる級の時は特に、厳しい相手との対戦になる事が多いです(ホントの意味で実力が付いたことを確認するため)


先日の練習会では、甲二ちゃん(小4)とオレンジちゃん(中1)がついに昇級を決め、めでたく標準取札組になりましたが、甲二ちゃんは先に3連勝を上げて昇級が確定(この日は本当に文句なしに勢いがあった!)、オレンジちゃんは2勝1敗で4試合目を迎えました。

でも先日は、コミセンの都合により、練習会は早目に切り上げなければならず、4試合が限度でした。つまり、ここで勝たなければ昇級は次回までお預けです。


彼女は自陣の枚数が多くなると、やや諦めがちな傾向がありました。
すぐに割り切ってしまうというか。
でもそういう気持ちではいつまでも強くなれません。なので、4試合目は少し下の級だけど伸び盛りの高校生・フレーバーさんと対戦させ、ハンデを負いながらも根性を出すのを期待しました。


始めて間もないとはいえ相手はやる気マンマンの高校生ですから、想像以上に成長が早い。ガンガン遠慮なく動いてきて、フレーバーさんが先行しました。オレンジちゃんも頑張ってはいたものの、フレーバーさんついに残り1枚。オレンジちゃん、後がありません。


しかしここから、オレンジちゃんがようやく覚醒。
怒涛の追い上げが始まりました。2枚、3枚と連取していきます。
オレンジちゃんの勢いに圧されたのか、急に手が止まりだしたフレーバーさん。

そしてついに1-1と追いついたオレンジちゃん。運命戦です。
不思議なことに、こういう勢いが付いてる側の札が詠まれたりするもの。
予想通りオレンジちゃんの陣の方の札が出て、キッチリ押さえて○1。
3勝1敗で見事、昇級を勝ち取りました。


君の根性は見届けた。
よくやったオレンジちゃん。


白熱した良い試合を繰り広げた彼女たちがまた一歩成長したのを感じ、嬉しく思った先日の練習会でした。