読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

恋すてふvs忍ぶれど

百人一首

本日の「おもしろくわしく。ひゃくにん一首」は、前回の「恋すてふ」の解説からの続き物で「忍ぶれど」でした。


かるたーさん的に「しの」は得意札的な意味で好きな人も多いかと(笑)
ちなみに私的には普通です。えっ、聞いてないですか。そうですか。

密かな恋心がついにバレてしまった、そんな恋模様が描かれた歌ですね。


学生で例えてみました。


時に、西暦960年3月30日。
天徳内裏歌合20番勝負、大トリとなった「恋すてふ」と「忍ぶれど」

「どうしてバレてしまったんだろう、誰にも秘密にしていたのに」
「誰にも秘密にしていたのに、ついに周りの人にバレてしまった」

同じような心情を歌っている2つの歌。
でも一見似ているようでいて、方向性が少し異なる2つの歌。
こうなると、好みの問題という気もしますけど、軍配は「忍ぶれど」に上がったというのが今回のお話でございました。

若かりし頃は「恋すてふ〜」のミステリアス感が好きでしたが、今はどうだろう。「忍ぶれど」の方が微笑ましく感じる・・・とか思っちゃう当たり、歳だろうか(苦笑)


次回、日曜日の放映も恋の歌。
恋愛パートが続きます(笑)