読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

本日、諸共に。

本日のCNA「し〜なチャン」は「おもしろくわしく。ひゃくにん一首」が放映です!今日の百人一首は「もろともに」

ひっそりと咲く山桜にほっこりする行尊さん


尺が延びたΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

コーナー、3分台に突入です。
ちょっとずつ説明内容が増えています。
しかしそのためかOPが削れてたっていう。
今迄は

ナレ「おもしろくわしく。ひゃくにん一首。百人一首とは、シンガーソングライターであり評論家でありプロデューサーでもある藤原定家が、飛鳥時代から鎌倉時代までおよそ600年の歌の中から自分の好みで選んだヒットソングベスト100である」
亮「こんにちは!百人一首の解説を〜」

という風に前口上があったんですが、今回の放映は

ナレ「おもしろくわしく。ひゃくにん一首」
亮「こんにちは!百人一首の解説を〜」



いきなりINΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

一人で勝手にビビり入ってます(笑)

☆☆☆☆☆

今回の歌は「もろ」でした。

諸共にあはれと思へ山桜
花よりほかに知る人もなし

孤独な歌人・行尊が山桜に語りかけるように詠んだ一首ですが、ただ歌の意味だけ見ていると情景があんまり湧いて来ない。
そこに至るまでの背景が分かると「ああ、それでこんな歌を詠んだんだな」ということが分かり、歌に対する見方が変わってきます。

こういうコーナーを担当して、今迄「意味は分かっていたけど何と無くでしか覚えていなかった」という歌も結構あった事に気付きました。
でも(どんな事にも共通する話ですが)人にものを説明するには、解説で喋る以上の事を知っていなければ分かりやすくかみ砕いた説明をすることが出来ないので、常に勉強が必要。
百人一首について改めて勉強の機会を与えてくれたことに、とても感謝している今日この頃です。


もっともっと、百人一首に親しんでいきたいと思います(´∀`)