かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

かるた大会

亮さん、筋肉が攣る。

交流大会の審判の旗が、いまだかつてない斬新なものだった件。

第8回秋田県交流大会

読唱席からコンニチハ。

エントリー大会

大会に出るって大変なことなんだなぁと思う今日この頃。

決勝戦とみんなのご褒美

茶そば先生の札が舞い散る決勝戦の図。

秋田このはな杯2018「紅梅戦」終了!

当会のタイトル戦「紅梅戦」が無事終了!

秋田このはな杯2018の準備をするの巻・その2

秋田このはな杯2018「紅梅戦」がいよいよ明日開催。タイトル覇者の賞品はコレ!!

第46回鹿角市選手権始末記6~その他小ネタ

鹿角市選手権の会場となった「鹿角市文化の杜交流館コモッセ」に設けられていた神社?のおみくじには「すごい凶」があるらしいと話しているのを聞きながら面白半分に引いてみたら、本当に「すごい凶」を引いた強運の持ち主・亮です。

第46回鹿角市選手権始末記5~「心の耳」

E級(小学校3・4年の部)、自信なさげに出た千里氏。

第46回鹿角市選手権始末記4~続・拝むこのはな選手

とにかく運気を呼び込みたいらしいうちの子たち。

第46回鹿角市選手権始末記3~拝むこのはな選手

「神頼み」という言葉がありますが・・・

第46回鹿角市選手権始末記2~運命の決勝戦

さて、今回の大会で特筆すべきはやはり「A級の部で準優勝」の快挙を成し遂げたドラオくんでしょう。

第46回鹿角市選手権始末記1~「32名」?

さて、今回の鹿角市かるた選手権も読手を務めさせて頂きました。

鹿角大会、無事終了!

鹿角から無事帰宅しましたの図(笑)

ぶらり鹿角の旅

明日は鹿角市かるた選手権!!今回は茶そば先生も一緒なので、今日明日と女三人での珍道中です(笑)

秋田このはな杯2018を企画するの巻

会内の対抗戦「秋田このはな杯」、2018年はどうしようか思案していた私。

吉野会大会始末記・小ネタ2「迷子の亮さん」

基本的に道は適当に歩いちゃう派の亮です。

吉野会大会始末記・小ネタ1「ああ果てしない」

秋田は田舎なので、駅前のお店は夜の8時になると閉まってたりします(白目)

吉野会大会始末記・その8「反芻」

昔、全国大会に負けた後、A級の子から「亮さん、ちゃんと悔しがらないとダメですよ」と言われたことがあります。

吉野会大会始末記・その7「左利き祭り」

今回はネタが多めだったので、珍しく引き続き大会ネタ。

吉野会大会始末記・その6「上から目線(物理)」

さて、私が東京吉野会大会に出た翌日、福島大会が開催されており、そちらにはウチのドラオ氏が出場していました。

吉野会大会始末記・その5「行列の東京」

東京と言えば人混み、人混みと言えば行列。

吉野会大会始末記・その4「油切れ」

かるたを全力で取ると後で来る反動がハンパない今日この頃。

吉野会大会始末記・その3「不戦の時間の過ごし方」

不戦の時の時間の過ごし方もなかなか難しいものです。

吉野会大会始末記・その2「不戦の女王」

不戦を引くことに定評のある亮です。

吉野会大会始末記・その1「勝つと思うな」

吉野会大会ではネタを作らないぞ!と思いながら行った私ですが、行ってネタが発生しないなどということはございませんでした。歩くネタ製造機・亮です。

6年

吉野会大会→飛行機で昼に帰秋→練習会に直行という強行軍だった亮です(苦笑) それでも取るかるたバカっぷり

オラ東京さ来ただ

東京吉野会大会に出てみましたところ。

君に読む大会

高校生の大会に行ったらごちそうになりました(ˊ∀`) Mさんありがとうございました!

今日の課題

本日は、秋田県の高校新人戦です。私は読手としてお手伝いです。 高校生達が全力で頑張れるよう、私も微力を尽くします。 またまた天気が悪そうなのは、気にしない方向で(白目)

水沢大会2017始末記小ネタ「絶」

大会は、回戦が進むに連れて人が少なくなっていきます。