かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

かるたる4コマ

捨て駒の価値は

※タイトルをわざわざこうした意味は特にありません

きっと強くなれる

相手が誰でもあまり尻込みしない風子ちゃん(小4)

プリティでキュアキュアなチーム

「団体戦をしたことがないのでやってみたいですッ!」という風子ちゃんの強い希望により、久々の団体戦ごっこ(笑)をして楽しんだ当会。

第46回鹿角市選手権始末記6~その他小ネタ

鹿角市選手権の会場となった「鹿角市文化の杜交流館コモッセ」に設けられていた神社?のおみくじには「すごい凶」があるらしいと話しているのを聞きながら面白半分に引いてみたら、本当に「すごい凶」を引いた強運の持ち主・亮です。

第46回鹿角市選手権始末記5~「心の耳」

E級(小学校3・4年の部)、自信なさげに出た千里氏。

第46回鹿角市選手権始末記4~続・拝むこのはな選手

とにかく運気を呼び込みたいらしいうちの子たち。

第46回鹿角市選手権始末記3~拝むこのはな選手

「神頼み」という言葉がありますが・・・

第46回鹿角市選手権始末記2~運命の決勝戦

さて、今回の大会で特筆すべきはやはり「A級の部で準優勝」の快挙を成し遂げたドラオくんでしょう。

第46回鹿角市選手権始末記1~「32名」?

さて、今回の鹿角市かるた選手権も読手を務めさせて頂きました。

ノーダメージ

自分が好きな札を取られると途端にシュンとなる子っていますよね。

少ない

対戦をした後は、お互いの札の枚数を数えてから片付けをします。

小4の憧れは

当会、不思議と漫画から入ったという子が少なかったりします。(入ってから見たという子が結構いる)

和歌だよ!

ここでは見えないところでの話ですが、先日の菅原道真公の記事についてはSNSの方ではコメントで盛り上がっておりました(笑)

よし!(※よくない)

昨年秋くらいからずっと二字決まりの札を意識して練習していたのですが、逆に三字決まりの調子がイマイチな亮です(苦笑)

日曜サスペンスドラマ

座ってみんなの取りを見てると危険を感じる今日この頃です(苦笑)

和装マジック

和装になってみると、人の印象も変わるもので・・・

同じ聞き間違い

今日は茶そば先生とお家で個人練習してた亮です。

見ないようにする

相手の手の動きを見ちゃう系かるたーの亮です。

初和装で悩むこと

初めて和装になった時に悩むことと言ったら?

どこでもかるた脳

お正月、満喫していますか?

ゴッド母ちゃん

「母とは偉大なものだ」という名言が生まれた親子かるたでの話(笑)

頑張って生きてた人

今後当会恒例レクにしたいと考えているのが「坊主取り」です。

おかわりをください札の数だけ

御前ちゃん「あっ・・・破壊と修復を繰り返した輪ゴムが・・・!」 何度リサイクルされたんだこの子は!(苦笑)

直線戻り手対決

酒田クリスマス大会のプレゼント交換でゲットしたもの↓ せっかくだから札も並べてみた 何このステキ茶碗!!!(嬉)どなたのプレゼントかは存じませんが、読手やる時に使わせて頂きます!ありがとうございます!!

このたびはお手つきとともに

酒田クリスマス会では「年末ジャンボお手つき」をしていた亮ですコンニチハ!

坊主はめくらず取りに行く

当会の2017年の練習会は23日が最終となります。

腹筋を鍛える!

ようやく解決しつつありますが、大会から2週間近くもあちこちの筋肉痛などで苦しんでいた亮です(ひ弱)

吉野会大会始末記・小ネタ2「迷子の亮さん」

基本的に道は適当に歩いちゃう派の亮です。

吉野会大会始末記・小ネタ1「ああ果てしない」

秋田は田舎なので、駅前のお店は夜の8時になると閉まってたりします(白目)

吉野会大会始末記・その8「反芻」

昔、全国大会に負けた後、A級の子から「亮さん、ちゃんと悔しがらないとダメですよ」と言われたことがあります。