かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

かるたる4コマ

第20回上杉杯始末記・その4「桜は散ると言うけれど」

秋田大会の時も来てくださっていたtkngさん、ローカル線に乗った感想。

第20回上杉杯始末記・その3「読唱のローテ廻して」

大会の時は読手のローテーションがあります。

第20回上杉杯始末記・その2「読唱席に立つように」

上杉杯の会場はこんな感じでした。

第20回上杉杯始末記・その1「米沢牛~君 食ふ~」

前日に食したものが調理されるところ。絵面が豪快だったので思わず(笑)

インとワン

明日は上杉杯のため、米沢入りしています。

しくじり亮先生

会の子との練習では1試合くらいなら取りをやる亮さんです。

和室から札が消えたなら

このはな杯・紅梅戦の後、何人かで居残り練習をしていました。

近江旅行記その4「カレーが冷めないうちに」

近江勧学館のかるた体験コーナーで、撮影用の大きい札を置いたうえで払うのを試す亮さんと千里ちゃんの図。

近江旅行記その2「肩書が増えないうちに」

ついに来ました、新くんのセリフ「真っ赤やよ」でおなじみの近江神宮!

突然の「津軽海峡・冬景色」

先日、寝る前に色々やっていたら、NHKをかけていた旦那さん。

住人の居ぬ間に

現在、集合住宅に住んでいる私です。

乙種一級フラグ建築士

かるたはメンタルの競技だと思う。

歯にビリッとくるやつ

人間が感じる痛みの中で我慢できないものの一つは「歯」の痛みらしいですよ。

札を愛する少女

先日は初めてまともな形での総会をして、新たな役員も増えた当会です。

「せをはやみ」と「なにはえ」の呪い

車のナンバー見たら読唱するという謎の病に侵されている私。

鹿角思い出し紀行・その4

読手をするということは、選手だけでなくその場にいるすべての人に読みを聞かれることになるわけですが・・・

スイッチが入ったら

鼻濁音になるべき部分は鼻濁音で発音してほしいと思っちゃう系読手・亮です。

旅立つ空札

荒ぶるこのはなのポーズ(?)

近江の旅を妄想してみるの巻

3月の近江での読手講習に行ってみたい!と思った私なのですが・・・

板です!

【ゆる募】同封されてくる板の使い道

かなちゃんの夢

旦那さんは、私よりも真剣に、漫画「ちはやふる」を読んでいるようです。

突然の訛り

田舎に帰ると方言が出るものです。

伊勢神宮の神様に

みゆき&千里&かれん「千手観音~」 楽しそうで何より。

私の今年の目標は

今年はこれを頑張ろう、という目標を持つのは大事なことだと思っています。

小4ガールの払い手ノート~お菓子を追いかけて~

身長が違うと、取りの感覚も違うものです。

数学ガール~カルターの最終角度~

高校時代は一応理数系だった亮です。一応。

袴が脱げるだとか

和装でかるたを取る機会というのは少ないものです。

新春初読み

日曜日にようやく今年初めての(試合での)読みをしました。

年末年始東京紀行・その3「そうだ、トーハクに行こう」

こなべ、西郷どんと同じポーズで写真を撮るの巻。 犬はいないので割愛。

「8」の謎

毎年2回発行される機関誌「かるた展望」を読むのが楽しみな私です。