読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

半音が聞こえる

「半音」という言い方ありますよね。

気合を入れて!

今週末は、いよいよ椿杯(仙台)です。

このはなキッズの運動会

昨日はキッズたちが軒並み運動会でしたので、本人達も保護者達も揃ってお疲れモードでございます(おかげさまで日焼けしてヒリヒリします)

自画自賛

読んでるとみんなの取りの早さも見えたりするわけですが・・・

聞き間違い

私は、一字とか二字はあんまり得意ではありませんが(どちらかと言うと苦手)

運転中の楽しみ

かるたは結構遠征が多いですよね(それでも当会は少ない方だけど)

かるたスイッチが入ったら

かるたの話になると見境が無くなるタイプです(かるた廃人)

「そちらの取り」

私がいない間も通常通り練習してくれていたウチの子達。

4度目の正直

当会はあまり外には出ない(or出たがらない)メンバーもいますが・・・

狙われた亮さん?

高校生の大会(団体戦)も無事に終わり、ホッとした亮さん。

払い練習

昨日の大会、早めに会場に行ったら、現地の高校のかるた部員達が会場設営を終えていて、時間があるので払い練習をしたりしていました。

間違う札

茶そば先生にお友達になって欲しい札はこの子です。

「水」の歌

こんにちは、やまが。

報告・連絡・相談?

今日ののび杉くんの報告は、この春公開された「名探偵コナン~から紅の恋歌~」の感想でした。 フツーに面白かったそうです(なるほど、わからん)

白妙の衣のような

子供達が子供らしく楽しんでいる姿を微笑ましく思う今日この頃です。

笑ってはいけない練習会

読む時は同じリズムで読めるよう心がけております。

モテる男はツライ

ドラオくんが合間に払い練習を始めると、子供達が彼の周りに群がってきます。

見てた?

ドラオくんとおっくんさんが取っていた横では、のび杉くんとむらさきちゃんが対戦をしておりました。

中の人のリアル

文章で見るのと実物は大体イメージが違うものです。

決してカッコつけではない動き

始めたばかりの人にしてみれば、上級者は時々「謎の動き」をしているように見えるようです。

油断は禁物

「札際が厳しい(or強い)」とか「札際が甘い(or弱い)」とかよく言いますが、もっぱら後者の方の亮です(ぉぃ

やまざに始まりやまざに終わる

隙間に刺さる「やまざ」さん。

よっこらショット

基本、首とヒザの関節が悪いのであまりキビキビした動作が出来ない私でございますが・・・

お手つき☆バリエーション

お手つきには、色々な種類がありますよね。

読みの間に

練習会は、いつも午後から夕方まで行っています。

なつみの札

札を覚えるときには色々工夫をするものです。上の句と札の一部の言葉を語呂合わせにするパターンが多いですね。

少し良くなった反応

地味に一人練習するようになった娘のこなべさん、少しは早く取れる札も出てきたようです。

ドヤ感

かるたやってると、異常に自画自賛しちゃう時ありません?

刹那

「刹那」という極めて短い時間の単位を表す言葉がございます(こういう美しい言葉好き)

飛ばしすぎ注意

普段、払いの飛距離はあまりない私なのですが・・・

対戦中のハプニング

近頃、どう構えたら良いか悩んでいる私です(今更!?)

音で分かる

私事ですが、今日は私の結婚記念日です(※明日役に立たない豆知識)

カラーと白黒

先日買った白黒の読み札「墨版」を練習会に持っていって、普通のやつとみんなで見比べたりしました。

録音したもの

日頃から読みを聞き直しては反省し、練習をしている私です。

子供読手・その2

さて、小学生読手2番手は、娘のこなべさんと同い年のヤーンちゃんです。

子供読手・その1

先日の練習会で小学生が読手にチャレンジしたという事を書きましたが・・・

5枚1組×?

今日も落ち着きのないかるたをして楽しんでいる亮ですコンニチハ。

個性的な配置

かるたをある程度続けていくと、自分なりの配置(定位置)ができていくものですが・・・

セルフリカバー

空振りをしてしまう事は、よくありますよね!

違う違う、

お手つきしやすい別れ札の上位に上がるのって「わすら」と「わすれ」だと思うんですよね(笑)

紙一重

敵陣「おも」、自陣「おと」を持った状態での試合終盤のこと。

夢の通ひ路・・・?

百人一首で「夢」が出て来る歌と言えば「すみのえ」ですが・・・

Y・D・K!

よくCMでやってますね「Y・D・K(やればできる子)」

そういうつもりじゃないけれど

「お」の札は7枚ありますが・・・

チャレンジ浮き札

「浮き札」ってネーミング、なんかいいですよね(笑)

読手をしてもらう

競技かるたは1対1で行うので、当然1組=2名、つまり偶数人数で練習をするのが常です。

バウンド

ウチは、うちの子達の方が私より強いので、最近は私がかるた取る時というと「練習させてもらってる」という感じです←

電池切れ

練習会などで読み上げのソフトウエア等を使う時は、どうしてもスピーカーが必要になります。

決まり字になる瞬間

競技かるたでは、決まり字の前に聞き取れること(なにはづ先生のご指摘により訂正) 読まれた音に対する反応のことを「感じ」と言いますが・・・

叩いた力と飛距離

当会で畳をバンと叩くのは、私とドラオと時々ちはや&あさくら、ぐらいのものです。