かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

君が笑ってくれるなら

賑やかな子と大人しい子がバッツリと分かれている当会(笑)

ニイニイゼミのなく頃に

読みの合間の良いタイミングで鳴いてたニイニイゼミさん(笑)

全国競技かるたエントリー選手権

近頃の大会への参加者数の増加は目覚ましいものがあるようで・・・

遠く遠く離れていても僕の声がわかるように

広い会場で読んだらどの程度届くのかがまだ想像できてない亮です。

第一回秋田大会・0回戦~その2

秋田大会の申込みも近づいてまいりました。出場を検討されている方がたくさん(※重要)いらっしゃるかと思います!

読み人たち

本当に作っちゃった「なにはづのピアス」 効果:装備すると読手力が上がることがある(かもしれない)

読まれた札払う瞬間

対戦している最中の写真がすごく好きです。

2018・青藍戦終了!

こういう「札取りに行く瞬間」の絵、めっちゃ大好きな亮です(笑)

夏のこのはな杯、スタンバイ。

当会における最も狂った感じの「負け残りトーナメント表」はこちらになります(笑)

空札だけではつらすぎる

今すぐに~出札~出~て~きて♪(※分かる人がいるとは到底思えないような前振りの仕方を平然とやっていくスタイル)

札が身体を追い越してきたんだよ

我が家の和室は4畳半なので、かるたをするには激狭です。

選ばれたのは、た札でした。

日曜日は出校日だったため練習会に参加できなかったリリィ氏、学校帰りに我が家で練習です(ホントはハーフパンツはダメなんだけどまぁ個人練習だし大目に見ることにしましょう)

時には昔の仲間と

土日はじゃがりこ氏が家に泊まっていきました。めっちゃ楽しかったです(お土産美味しかった!ありがとう!)

そして私とカルタを

完全にアウェイである合同練習の場でもマイペースさを惜しげもなく披露しておりました当会メンバーたちでございます(苦笑)

読唱耐久トライアル

県協のmyさんからお声がけ頂いて参加することになった合同練習会。

練習会は戦友とともに

今日は合同の練習会に会のみんなで参加してまいりました(ˊ∀`)

千早、振る。

私事ではございますが、私、小学校の読み聞かせボランティアをしておりまして。

思い込んだら戻りの道を

「思い込んだら」は「重いコンダラ」と聞き間違えることで有名ですね!(古いネタ)ちなみに子供の頃は「アルプス一万弱 子ヤギの上で♪」と勘違いしてた系主婦の亮です、コンニチハ。正しくは「アルプス一万尺 小槍の上で」ですね。

ただのオタク

「もしもいつか全国大会で読手をするような日が来たら、初めての読みは和装でやるんだ」なんていう淡い夢を抱いたりしていたのですが・・・

近づきたいよ 僕の理想に

読んでは聞いて、を繰り返している亮です。

ショートボブの髪の乙女

6月は忙しかった高校生たち、夏休み前の今は参加できる状態になったようで。

パスタの川

読みの発音が変に聞こえることってよくありますが・・・

2018年折り返し

また要らぬものを作ってしまったでござる・・・ アク辞使うのどうかと思う(ちょうどいい高さのものが手元になかったの・・・)

亮さん、ありあけと遊ぶの巻

一度はやってみたい、という夢を持っていたことがあります。

む→きり???

札と決まり字を最初に覚える時は人それぞれの工夫をしていると思いますが・・・

第一回秋田大会・0回戦

第一回全国競技かるた秋田大会が開催されることになりました。

よをこめて空中戦

茶そば先生とみゆきちゃんが軽く取り合う練習をしていました。

自分の音程

小学生も読む練習をしていましたが、大人も読む練習をしています。

混ぜるな危険

小4組が熱い当会です(笑)

自信の無さに甘えてちゃ見えぬ

「自分の読みで取ってみなさい」とは専任読手のお言葉。