かるたる!〜競技かるた日記〜

日常系競技かるたブログです。

筑物語(ツクモノガタリ)

スピーカーを通した音が嫌いな方もいらっしゃいますが。

時をはかるオバサン

暗記時間を取る時に「今何分だから、何分からだわ」と計算するワケですが、時折頭が計算をしようとしない事があります←

暗記時間は素振りをするか?

「度を越した素振りはNG」と競技規程にありますが、当会の場合「度を越して素振りしない」子達ばかりです(笑)

敵陣へとんでゆくわ

コンニチハ、いかがお過ごしでしょうか。お墓参りに行ったら蚊にくわれまくった亮です。

カルターズ・リンク

先日は久々に、百首を2試合も取ってしまいましたヾ(o´∀`o)ノ

ぼくは今日、読手のきみとドライブする

車の中では大抵、中島みゆきか宇多田ヒカルか専任読手の歌のいずれかが流れている(もしくは自分がひたすら読んでいる)亮です(笑)

あの日読んだ読手の名前を、僕達はまだ知らない。

亮さんと茶そば先生のお昼ごはんが被ってた件。 茶そば「私たちはセブンイレブンの回し者ですか・・・」亮「うーん、まるで宣伝のようになってしまった(白目)」

心が暑がってるんだ。

このはなマダム・田中。

総文祭みやぎ2017始末記「MAXハイテンション」

百人一首関係の場所を巡ったのでめちゃめちゃ楽しかった私。

総文祭みやぎ2017始末記「渡る世間は読手ばかり」

今回は、東京の読手講習会でお世話になった先生にもお会いすることができました。

総文祭みやぎ2017始末記「今以上、それ以上、眠りたいのに」

総文の日程に合わせて、予め宿泊も取っていた私。

総文祭みやぎ2017始末記「サイゼリヤの中心でかくとだを叫んだとなり」

自慢じゃないけど、秋田にはサイゼリヤがありません(苦笑)

ぶらり百人一首の旅・その4「涙色のこの袖を君に」

「宮城県百人一首の旅」最後はここ、日本三景・松島にある「雄島」 見せばやな雄島のあまの袖だにも濡れにぞ濡れし色は変はらず

ぶらり百人一首の旅・その3「袖と泪と男と女」

末の松山しかチェックしてなかった私の目に飛び込んできた、まさかの「沖の石」 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の人こそ知らね乾く間もなし

ぶらり百人一首の旅・その2「ナシツボ5」

名取市から多賀城市に移り、次の目的地はここ! 契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは

ぶらり百人一首の旅・その1「歌枕を見てまいれ」

総文を終えたあさくらちゃん親子を引き回し連れて、宮城県にある「百人一首に縁がある場所」をめぐる旅をしてきました。まず最初に向かったのは、こちら。 かくとだにえやは伊吹のさしも草さしも知らじな燃ゆる思ひを

この温度は忘れない

昨日は高校総合文化祭百人一首かるた部門の予選リーグでした。

午前6時の交差点

眠気混じりの運転(笑)これから宮城県塩竈に向かいます。 高校生達の熱戦を見るのがとても楽しみです。気を付けて行ってまいりまする〜!

わたしが旅に出る理由

まーた変なもの買ってるよこの人。 ※札は大きさの比較のために置きました

神のみぞ知るデフダ

左・はる氏、右・リリィ氏。ちょうどリリィ氏が勝った瞬間。

あえて言おう、かさであると。

「かさ」で「かぜ」に飛んでいこうとしちゃう系かるた競技者・亮です。

とある自陣の中下段

長ァい!(右中下段)

友札戦線異状あり

最近の悩み事と言えば。

キ・ミ・ガ・タ・メのカコイ

先日の大雨で母校のあたりは大変だったようです。当時はドリカムとかが全盛期だったよな~学園祭で曲を流したよな~とか思い出した私であります(歳がバレる!)

これは孔明の罠だ

【競技かるたあるある】どっちも手を挙げてる

君の住の江をとりたい

【ゆる募】一枚札を取る方法

会は雨上がりのように

今日の練習会は、2つの派閥に分かれました(笑) ※ちなみに亮さんの親指は反りません。娘のこなべさんとドラオ氏が反る派でした。後から来たオレンジ氏も反る派のようです(笑)

また、同じ札を見ていた

ユル~いTシャツから始まった、本日の自主練習会(笑)

タカイ×ヒクイ

「長く会をやってると、子供達の成長を感じる瞬間が来ますよ~」とは匂宮さんの言。

信じる心があなたの出札!

運命戦って緊張しますよね。

迷読手コナベ~爆笑の15分~

先日の1日練習、途中で時間間隔狂ってて1時間位勘違いしてた亮さんです。

犯人はヤス

最近、ちょっとは聞き分けが早い札が出てきた亮です。

僕は何度でも、きみに出札の恋を読む。

今日は一日練習でした。

会とTシャツと私

亮「会のTシャツは安く上げるために背中だけのプリントにしてるけど、胸にもマーク付けたいなぁ・・・・・・ピコーン!自分で刷ればいいんじゃない!?」 ・・・ま~た変なこと言い出したよこの人。

この下段の片隅に

札直で取れるのが一番良いというのはよく分かっていますが。

鉄の掟 感謝の心

「会」である以上、もちろんクッソ真面目な会則もあるのですが。

わたしの声をとどけたい

声かけをする時は全体を見渡さなきゃいけませんが・・・

とりあえずの声かけ

子供達も団体戦の声かけを覚えつつある今日この頃でありますが。

チーム・ピカチュウ

実はポケモンはやったことがない亮です。

きみはキャプテン

団体戦ときたら、チームキャプテンが必要です。

変なチーム名

団体戦だと俄然張り切る亮です、コンニチハ(笑)

烏は札を選ばない

新しいお友達が来たので名前を付けました。 娘「金鳥」亮「金烏!金のカラスで『き・ん・う』!」娘「殺虫剤」亮「ちがーーーう!!!」

秒速3センチメートル

お家でできる「自陣の上段までどのくらいあるのか確認する手軽な方法」

百人一首で学ぶ日本史

日本の歴史が好きなのに高校時代は何故か世界史を選択していた亮です(笑)

女々しくて

近頃は歌の内容について色々話すことも多い私。

山枠

まーた釣られてこういうもの買っちゃったよ・・・

流行り病?

「でもまぁ、夏は嫌いかな」暑い時期はとても苦手な亮ですコンニチハ!←

COMISEN NO URA

かもしか が あらわれた! ※撮影:おしら様

小さいお部屋でこみっと練習

なう。私は若者の頑張りを応援しながら読み(という名目で休もうという魂胆) 部屋が4.5畳と狭いので、読みも案外難しいです。声は大きく出すより小さく出す方が調整しにくくて大変ですね。読む場所の規格に合わせて練習練習。 さぁ、2分前だ!(笑)

読む練習 in 車

あちこち痛いので恥じらいを捨てて全力で迎撃していたら娘に怒られた亮さんです。己がオバサン化しているのを感じる今日この頃であります←